電話アイコン
電話アイコン

roofpaint

屋根塗装のサイン

まずはお家の状況を確認してみましょう。
カラーベスト、コロニアルなど塗り替えが必要な屋根材の場合、これらの症状が現れたら塗り替えのサインです!

一つでも当てはまる方はぜひご相談ください。

1.色あせ

屋根は日々、紫外線や雨にさらされることで塗料が劣化しやすい部分です。
塗装の色が薄くなったり色むらができたりしたら注意しましょう。

2.防水切れ

屋根は、劣化すると雨水を弾きにくくなるため、屋根材が雨水を吸い込んで膨張してしまいます。吸水と乾燥で膨張・収縮を繰り返すと、屋根材の反りやヒビ割れに繋がります。

3.カビ・苔

塗料の防水機能が低下すると、雨水や湿気が原因でカビや苔が発生します。
放置すると、屋根の耐久性が悪化する可能性があり、雨漏りを引き起こすケースも考えられます。

4.ヒビ割れ

表面の薄いヒビ割れを放置していると、ヒビ割れが大きくなり割れて下に落ちてしまったり全体的にヒビ割れが出てきてしまいます
。さらに傷みが進行して、屋根材の表面がミルフィーユ状の層のようになってくると、葺き替え、カバー工法などの工事が必要となります。葺き替え、カバー工法は、塗装に比べて費用もかかってしまうため、初期の段階で修繕されることがおすすめです。

セルフチェックシートもご確認ください

セルフチェックで確認!

取り扱い塗料

屋根には、遮熱塗料がおすすめです。

遮熱塗料とは…

通常の塗料と比べて、太陽光の紫外線を反射させる効果がある塗料です。
比較すると表面温度は最大で30%、室内温度は2~3℃低くなります。
電気代に関しては最大27%程削減できている事例があります。

Revivehomeは、これらの塗料から、
お客様のお家の屋根の素材などに合わせてご提案させていただきます。

日本ペイント

サーモアイ

エスケー化研

クールタイト

取り扱い塗料

 

料金例

 

遮熱シリコン

高耐久、低汚染、10年位での塗り替えをお考えの方におすすめです。

22.8万円~

遮熱フッ素

超耐久、超低汚染、一度の塗り替えで長期間持たせたい方におすすめです。

35.8万円~

※50㎡の場合
※価格は税別表示です。

 

アプラスのリフォームローンによる
分割払いもご利用いただけます。

施工の流れ

お問い合わせ

まずは、メールかお電話、LINE@にてお問い合わせください。
お客様のご都合の良い日程から、現地調査のお日にちを決定いたします。

また、LINE@にて、見える範囲で屋根や天井の状況などをお送りいただきますとスムーズです。

現地調査

屋根の傷み具合と、あれば図面も確認しながら調査をして、どのような作業が必要かご説明いたします。
屋根の傷みは細かく撮影をして記録に残していきます。

ご提案

ご提案現地調査と、お伺いしたご予算・ご要望などをもとに、おすすめの塗料をご提案させていただきます。
ご提案時は、各塗料のお見積書をご用意いたします。

ご契約

近隣へのご挨拶

ご挨拶工事開始前には、近隣にお住まいの皆様にご挨拶をさせていただきます。
作業工程の用紙をお渡しして、どんな作業をするか、どれくらいの期間がかかるかをご説明いたします。

※作業期間も近隣の方々にご迷惑をおかけしないよう、作業中の声や騒音、トラックの停車位置などに配慮いたします。

足場・ネット

ネット職人や近隣住民様の安全に配慮して、お家の周りに足場と落下防止・塗料飛散防止用のネットを準備します。

高圧洗浄

高圧洗浄屋根に付着した苔や汚れをしっかり洗浄する作業です。
しっかり洗浄することで、仕上がりがより綺麗になります。
状況に応じて水圧を変更し、近隣住民様への水飛びに注意しながら洗浄します。

棟板金の釘打ち・錆止め

棟板金に打ってある釘を見て、抜けそうな釘などを打ち直します。板金には錆止めを塗ります。

縁切り・タスペーサー

屋根材の重なり合う部分に隙間を作り、雨水が溜まらないようにします。
以前は皮スキという道具で切っていましたが、現在はタスペーサーという材料を屋根材の隙間に挟んでいます。

下塗り

下塗り下塗りは色を付けるのではなく屋根に塗料を接着させる役割があります。
下塗りをしっかり行うことにより塗料が剥がれなくなります。

中塗り

ここから色を塗る作業になります。

上塗り

上塗り仕上げの作業です。塗りムラや塗り残しがないよう、丁寧に仕上げます。

足場解体

足場や養生を外し、終了となります。

カラーシミュレーション

いざ色を選ぼうと思っても、どんな色が合うか、イメージと違う色にならないか、ご不安に思う方もいらっしゃるかと思います。

Revivehomeでは、色見本のサンプルや、パソコン上でのカラーシミュレーションを行いながら、ギャップが生まれないように色を決めていきますのでご安心ください。

汚れが目立たない色、暖色系の色など、ぼんやりしたイメージの状態でも問題ございませんので、お気軽にご相談ください。